<< 初乗車壱 | main | 深夜のお出迎え >>
初乗車弐
つづき。





きほん、犬吉くんは、ふだんからぶっきらぼうで、あまのじゃく男で、、、、

表情をうれしい様に崩すなんてことは、まれなんですが、、、、

カメラを向けると、とくに、あまのじゃく男度が、よりマシます



具体的には、こんな感じ。。。。。      おいっ!

たいてい飼い主はしんぼう強く、レンズのほうを向いてくれるのを待つのですが、、、



たまに、業を煮やして、こうっ!(むぎゅーっ)



かりにしんぼう強く待ったとしても、、、



きょろきょろ



きょろきょろ



まぁーこんな感じが精々なときが、多々

もう慣れちった。  。。。。けど



池の周りのコースをのんびぃ〜り、ふたりといっぴきで散策しました。













おっ、こんな奇跡的な一枚。    が(やればできるじゃん 。。。。。。めったにやんないけど)





途中、人間のトイレ休憩



かわりばんこに帰ってくる度に大歓迎



だったら人間が構えるカメラの前でも、半分でいいからもうすこし愛想をふるまぇ〜



たっぶり歩きました。  とさ



帰路はもうだいじょうぶだろうと踏んで、トイレシーツはひかず、



じっさい、だいじょうぶでしたけど。。。   「なにがぁ〜?」



いやっ、べつに、、、、

にしてもノリノリなのはいいけどさぁ〜

きほん、運転中はあまり話かけないでくれるかい?



「総理。コイツ、運転手のくせに生意気っ! です」             。。。。。。。。



さしもの一歳八ヶ月も



初乗車に、帰りはたしょーおつかれか



総理の膝の上でスヤスヤ



無事、家にたどりつきました。 ぐっすり。



すげぇ〜たのしかったね。     アンタがクルマぜんぜんオッケーっ! てことも分かったし。

さあー、さぁー、   つぎはどこへいこう?

飼い主の心は高鳴るばかり。    






|・ - ・|/

松剛さん家
当サイトはリンクフリーです。
なお、画像の無断使用・転載は、ご自由にどうぞ
ご意見・ご叱責・メッセージ等がありましたら、こららへ ✉ お気軽に

あずたん店

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

ご案内


仕事場



調べもの


ワタシ専用